色について

「おやさいクレヨン standard」は全10色。
それぞれに「きゃべつ」や「にんじん」など、
野菜の名前が色につけられています。
自然そのもので描くという楽しさが、
子どもたちの「好き」に繋がるよう
想いを込めて開発しました。

Vegetable Colors

おやさい色物語へようこそ

「何色が好き?」「りんご色!」...そんな親子の会話が聞こえてくるクレヨンです。

「野菜そのもの」の色だから、10色それぞれには「緑色」や「黄色」ではなく「きゃべつ」や「にんじん」など、配合された野菜の名前が付けられています。子どもたちにとっては、好きな野菜や果物の色、逆に嫌いな野菜もあるかもしれません。だけど、遊びながらお野菜の色に触れ親しみを持つことで、ほんの少しでも野菜を好きになるきっかけになったらと私たちは考えます。

子どもたちは興味があるものに触れた時、まずは匂いを嗅ぎます。「おやさいクレヨン」は本物の野菜粉末が入っているからこそ、種類によって若干香りがする色もあります。もちろん香料類は一切配合していないので、それは野菜そのものの香り。
「おやさいクレヨン」を手にとったら、「ねぎ」で豪快に色を塗ってみて下さい。馴染み深いあの香りがほんのりと感じられるかもしれません。少しだけザラザラとした描き心地にも、「自然そのもので描く」という世界観を感じられるはず。
子どもも大人もワクワクするような「お野菜の色で描く」感覚を、ぜひ親子でお楽しみください。

History

おやさい色の歴史

これまで26色の野菜や果物の色のバリエーションが生み出されてきました。

「おやさいクレヨン」は2014年に誕生してから季節ごとに野菜の種類を変えて、season1〜4と内容色の異なるセットをリリースしてきました。2017年より「おやさいクレヨン standard」通年定番色の10色をリリース。定番の配色として長く愛用いただける色を選び抜きました。